看護師として働く女性の家事との両立

看護師として働く女性にとって、家事と仕事の両立は決して容易なものではありません。病院内で配属される部署や、夜勤がある部署と日勤のみの部署によっても両立のしやすさは変わってきますが、いずれにしても看護師という職業に就くからには、夫の家事の手助けが必要になってきます。

例えば洗濯とお風呂掃除は夫、料理は自分といったように役割分担することもお勧めです。また先に帰ってきた方が料理を担当する方法もあります。ルール作りは各家庭で異なって当然ですので、自分の家庭にとって良い選択をしましょう。いずれにしろ夫の家事の手助けがあるかないかによって両立ができるかどうかは大きく変わってきます。料理についても、毎回出来立ての料理を提供することは難しいので、カレーやシチューなど作り置き可能なメニューも取り入れたり、作ったおかずや野菜を小分けにして冷凍保存しておくことも時間短縮の方法のひとつです。また献立自体も買い物に行ってからメニューを決めるのではなく、あらかじめ1週間分の献立を立てた上で買い物をすると、スーパーで悩みながらだらだらと過ごす時間が省け、決められたものを買うために買い物ができるので、こういった時間短縮も仕事をしていく上では大きな差となります。

とはいえやはり人間ですから、体調が悪い時やどうしてもしんどい時は誰にでもあることです。そんなときは無理をせず、夫に助けを求めたり、常に完璧を目指すのではなくたまには手を抜くことも必要です。

効率よく家事をこなしたい人は「こちら」も参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です